三大栄養素だけじゃない…野菜の大事な栄養素17種類

作物に必要な三要素は、チッソ、リン、カリということは、よく知られていることですが、その他にはどんな栄養素が必要なのでしょうか。調べてみました。90分の17の元素が必要現在、地球上では118種類の元素が見つかっています。その中には人工的に作られたものが含まれていますので、自然界だけでは約90種類の元素があります。そのうち17種類の元素が植物の生育に必要といわれていて、『必須元素』といいます。17種類のうち炭素(C)...
  •  13, 2018 16:05
  •  0

米ぬかの魅力

あけましておめでとうございます。みなさまにとって幸多き一年でありますように…米ぬかは、ボカシ肥料や堆肥を自作する場合には欠かせない農業資材です。植物性有機物資材としてなら油カスでも良いはずですが…なぜ米ぬかが重宝されるのか調べてみました。米ぬかって何からできているの白米は、玄米の表面を削って精米することで出来ます。玄米を削ったカスが『米ぬか』です。美味しいお米は精米した白米で、玄米は味や食感がやはり...
  •  04, 2018 09:34
  •  0

液体肥料の特徴

手軽に使えて、すぐ効果が現れます。三要素だけのものから、有機配合のものまで種類が豊富です。成分肥料の三要素(窒素、リン酸、カリ)を主成分に作られた液体肥料や、それに微量要素(カルシウム、マグネシウムなど)を加えたもの、有機質を主成分にした液体肥料などがあります。特徴無機質を主成分にした一般的な液肥は、そのままのかたちで植物に取り込まれますから、即効性があり、すぐに効果が現れます。水で薄めて使うので...
  •  18, 2017 07:00
  •  0

化成肥料の特徴

窒素、リン酸、カリのうち2種類以上が含まれています。最も扱いやすく、安価で、安全な化学肥料です。原材料窒素…空気中のチッ素を原料にアンモニアをつくり、そこから尿素をつくります。リン酸…大昔の動物の遺体や鳥のフンが長い年月をかけて化石化したリン鉱石から成分を抽出します。カリ…大昔の海水などが干上がって岩塩化したカリ鉱石から成分を抽出します。以上のうち、2種類以上を化学的に混合し、粒状の形にします。普通化...
  •  16, 2017 06:00
  •  0

肥料の種類

有機質肥料と無機質肥料に大別されます。植物は、肥料の栄養を吸収する際、無機化合物として吸収されます。有機質肥料は、土中の微生物によって無機化合物に分解されてから植物に吸収されますから、ゆっくりジワジワ効いていきます。無機質肥料は、直接植物に吸収されますから、即効性があります。さて、無機質肥料も有機質肥料も様々なものがありますし、成分比率もいろいろです。これらを自分の畑に合うように施すとなると、こん...
  •  15, 2017 07:00
  •  0