FC2ブログ

日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜

私の畑には、木の陰になって木漏れ日しか当たらない場所と、建物の陰になって午前中は日光が当たらない場所と、2カ所が『日当たりの悪い場所』としてあります。この2カ所ではトマトやキュウリを栽培しても、おそらく満足には育てられないでしょう。さて、このような日陰になってしまう畑やベランダ菜園で、野菜は育てられるのでしょうか…日光が大好きな野菜ばかりではない植物は、光を利用し水と二酸化炭素から有機物と酸素を作り...
  •  31, 2018 21:44
  •  0

いちごのプランター栽培 定植後23日~収穫まで まとめ

2017年9月10日にプランターに定植したイチゴの栽培記録です。品種は、『あきひめ』、『とちおとめ』、『蜜香』を3株ずつ3つのプランターに定植しました。2017年 10月3日 栽培日数23日 いちご葉かきいちごは寒くなって休眠するまで芽やランナーが次々と生えてきます。葉は密集させず5本くらいで育てるのが風通しも良く病害虫の被害も受けづらくなります。新芽やランナーが伸びるのは元気な証拠ですし、葉欠き作業はクラウン...
  •  28, 2018 11:53
  •  0

野菜高騰の現状と見通し、そして1週間で作れるシャキシャキ野菜

昨年の12月からスーパーなどで野菜の高値が続いています。白菜、キャベツ、大根などなど。私はこの冬、大根を栽培したので大根は買わずに済んでいて、しめしめといった感じです。家庭菜園をやっていてよかったなと思う瞬間です。巷では、ステーキ店のサラダバーが大盛況だとか…この高騰はいつまで続くのか、また野菜の価格が高い時にとるべき対策について調べてみました。11月中旬から2か月間も高値続き今回の野菜の高騰は、特に...
  •  26, 2018 12:54
  •  0

酸性土壌が危険な本当の理由と仕組み

『作物はpH5.5~6.5で育てます。土が酸性にならないように2週間前に石灰を入れておきましょう』と作物の作り方によく出てきます。酸性といわれると悪いイメージが先行し、よく理由も考えずに石灰を施していましたが、酸性の土は何がそんなに良くないのか調べてみました。なぜ土は酸性化するのか世界の国々は、気候風土により酸性土壌とアルカリ性土壌に分かれます。日本の土は、ほとんどの土地が酸性寄りです。一方、地中海沿岸や...
  •  23, 2018 23:49
  •  0

家庭菜園 無理をしない畑作業のすすめ

大寒を迎え、春の栽培シーズンに向けて着々と栽培計画を練っている頃ではないでしょうか。時間を忘れて畑作業に没頭してしまい、汗ビッショリになってちょっと頭がクラッとなった経験ありませんか?家庭菜園だって身体が資本、無理せず楽しく畑作業をするために気をつけたい事を調べてみました。なぜそこまで夢中になってしまうのだろう土を耕したり、草取りをしたり、畑仕事はかなりの重労働です。夏は炎天下の中、冬は寒い朝から...
  •  21, 2018 10:25
  •  0