家庭菜園でトマト栽培 畝立て~収穫 2018

  •   12, 2018 23:24
  •  0


2018・2・8・1



2018年のトマトの栽培記録です。
畝立てから収穫までを記録します。
家庭菜園やプランター菜園でのトマト栽培の参考になれば幸いです。





2018年5月5日 栽培日数0日 畝立て



5月8日にネット注文したトマト苗が届きます。
8日以降の週末に定植するとして、ちょうど1週間前。
1か月ほど前に耕しておいた畑に堆肥とボカシ肥料をすき込み畝をつくります。

2018/5/5/12



特に高畝にする必要もないので高さ10㎝の畝にします。
連作障害を考慮してナス科のトマト、ミニトマト、ナス、ピーマン1株ずつを1つの畑で栽培してみます。

2018/5/5/13



2018年5月9日 栽培日数0日 苗到着



『てしまの苗』から苗が到着しました。
ゆうパックで上面が閉じていないダンボールです。
送料がかかるので、まとめ買いをすることで送料負担を減らしました。

2018/5/11/1
2018/5/11/2




フルティカ(中玉トマト)、アイコ(ミニトマト)、筑陽(ナス)、京波(ピーマン)、紅はるか(さつまいも)と、オマケ苗としてもらったルネッサンス(中玉トマト)を栽培していきます。

2018/5/11/3


2018年5月12日 栽培日数0日 定植



いよいよ中玉トマト『フルティカ』の定植です。
今回は1畝でナス科の作物を混植します。
ポットを置いて株間をとり、位置を決めます。
陽が当たるように、いちばん背が高くなる作物を北に配置します。
南から、ピーマン、ナス、ミニトマト、トマトの順で植え付けます。

2018/5/12/20



バケツに水を汲み、ポットごと浸して根に十分水を吸わせておきます。
ポットより大きめに植え穴を掘り、堆肥、ボカシを入れて土と混ぜ、水を十分撒いておきます。

2018/5/12/3
2018/5/12/13
2018/5/12/2




株元が畝表面より少し高くなるように植えるのがコツで、高さを微調整します。
風で倒されないように仮の支柱をして、ビニールひもで誘引して定植終了です。

2018/5/12/19
2018/5/12/162018/5/12/4




オマケ苗としてもらった中玉トマト『ルネッサンス』は、別の畝(午後から陽があたる)に定植しました。
半日陰となりますが、どうなるでしょうか…

2018/5/12/14


2018年5月19日 栽培日数7日 



根付いたようで全体的に生き生きしてきました。
第一果房が展開し始めました。
これからぐんぐん成長します。忙しくなりますよ~

2018/5/19/2



つづく・・・

※『お気に入り』に登録して収穫までを今後も継続してご覧ください。


関連記事



関連記事としてこちらもご覧ください。

🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗家庭菜園でサツマイモ栽培 畝立て~収穫 2018についてはこちらから
🔗春じゃがいも栽培2018 種いも~収穫までの栽培記録についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。
▷▷やさい畑 2018年 06月号
▷▷野菜だより 2018年 05月号
▷▷現代農業 2018年 06月号




最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
関連記事

0 Comment

Post a comment