FC2ブログ

油かす 有機質肥料

  •   16, 2017 22:19
  •  0


油かす





油かす

油かすは、『なたね』や『だいず』などから油をしぼった後のカスでできています。
市販されているものの多くは『なたね』のカスです。窒素が主体で、少量のリンとカリも含みます。土壌微生物を増やしたり、土をフカフカにする効果があります。

野菜が有機物に含まれる栄養素を吸収できるのは、土に施した後、微生物によって分解されてからです。そのため、効果が現れるまでには時間がかかり、主に元肥に使われます。

気をつけなければならないのは、分解の過程で有害な有機酸やガスが発生すること、最初に分解するカビには病気の原因になるものが多いことから、作付けの2〜3週間前に施すのが良いです。土とよく混ぜ合わせて施すのがポイントです。

油かすは徐々に分解されていくので、じっくりと長く効く有機質肥料といえます。

⇒肥料をRakutenでさがしてみる




《発酵油かす

発酵油かすは、あらかじめ油かすを発酵させたもので、通常の油かすと同様、窒素分を多く含む肥料です。すでに発酵が済んでいるので、土中で分解する間に出るガスの心配もなく、施してからすぐに種まきや植えつけを行うことができます。
米ぬかや魚かす、草灰などの有機質を配合して、バランスの良い有機質肥料として販売されています。

⇒肥料をRakutenでさがしてみる




いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。
⇒やさい畑 2017年 10月号




見に来てくれてありがとうございます。ポチポチとお願いします。
↓↓↓

家庭菜園ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
関連記事

Tag:油かす

0 Comment

Post a comment