FC2ブログ

油かす 有機質肥料

  •   16, 2017 22:19
  •  0


油かす





油かす

油かすは、『なたね』や『だいず』などから油をしぼった後のカスでできています。
市販されているものの多くは『なたね』のカスです。窒素が主体で、少量のリンとカリも含みます。土壌微生物を増やしたり、土をフカフカにする効果があります。

野菜が有機物に含まれる栄養素を吸収できるのは、土に施した後、微生物によって分解されてからです。そのため、効果が現れるまでには時間がかかり、主に元肥に使われます。

気をつけなければならないのは、分解の過程で有害な有機酸やガスが発生すること、最初に分解するカビには病気の原因になるものが多いことから、作付けの2〜3週間前に施すのが良いです。土とよく混ぜ合わせて施すのがポイントです。

油かすは徐々に分解されていくので、じっくりと長く効く有機質肥料といえます。

⇒肥料をRakutenでさがしてみる




《発酵油かす

発酵油かすは、あらかじめ油かすを発酵させたもので、通常の油かすと同様、窒素分を多く含む肥料です。すでに発酵が済んでいるので、土中で分解する間に出るガスの心配もなく、施してからすぐに種まきや植えつけを行うことができます。
米ぬかや魚かす、草灰などの有機質を配合して、バランスの良い有機質肥料として販売されています。

⇒肥料をRakutenでさがしてみる




関連記事


関連記事としてこちらもご覧ください。

🔗野菜のタネを上手に発芽させるために知っておくこと
🔗日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜
🔗家の庭を1日で家庭菜園にする
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから
🔗乳酸菌で土づくりについてはこちらから
🔗良い堆肥 悪い堆肥についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。

▷▷やさい畑 2018年 10月号

▷▷野菜だより 2018年 11月号

▷▷現代農業 2018年 11月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

関連記事

Tag:油かす

0 Comment

Post a comment