FC2ブログ

発酵鶏ふん 有機質肥料

  •   31, 2017 20:28
  •  0


10・31-1




堆肥の中で最も安く手に入る発酵鶏ふんは、施し方には注意が必要です。
堆肥としての土づくり効果はほとんどなく、肥料として使用します





ニワトリのふんを堆積、発酵させたものです。窒素、リン酸、カリの三要素をバランスよく含みます
市販品の多くは、採卵鶏のもので、飼料に由来するカルシウムを多く含みます。
粉末のほか、散布しやすい粒上タイプなども出回っています。

即効性もあるので、元肥のほか、追肥にも利用できます。根の成長する先に穴を掘って施し、土とよく混ぜておきます。
元肥で使う場合は、作付けの1週間ほど前に施し、土とよく混ぜます。

アンモニア臭がする場合は発酵が不十分なので、施したあと2~3週間してしてから施しましょう。





鶏ふんは安価に手に入りますが、飼料により成分のばらつきがあります。
基本的に尿酸が多く含まれ、カルシウムが過剰に含まれる製品の場合もあります。
肥料やけなどを起こす可能性もありますので、安いからといって多量に使うのではなく、十分注意して使用しましょう。

⇒発酵鶏ふん



いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。
⇒やさい畑 2017年 10月号
⇒野菜だより 2017年11月号【電子書籍】



ダイコンやハクサイの収穫時期です。
採れたて野菜で贅沢お鍋しませんか・・・
人気のお取り寄せお鍋がそろっています。
⇒Rakutenのお鍋特集を見にいく





見に来てくれてありがとうございます。ポチッとお願いします。
↓↓↓

家庭菜園ランキング

こちらもポチッとお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村






関連記事

Tag:発酵鶏ふん 窒素 リン酸 カリ 堆肥

0 Comment

Post a comment