FC2ブログ

スナップエンドウ栽培 タネまき 【タネまき0日後 2017】

  •   05, 2017 09:46
  •  0


11・5表紙




スナップエンドウでもスナックエンドウでも正解です。
低温にあたることで花芽の分化が進むことから、秋まき春採り栽培が一般的ですが、株が大きくなると耐寒性が失われてきますので早まきを避けます。




草丈15cm位で冬越しが最適といわれてますが、昨年は種まきが早かったのか、成長しすぎたので、今回は2週間遅れての種まきとしました。

11・5・1




10.5cmポリポットに4鉢分つくって育苗します。1鉢は予備として育苗します。
種まき専用の用土を使います。安心して使用できますね。⇒種まき用土


11・5・2




用土が乾ききっているので、あらかじめバケツに用土をいれ、水を撒き、シャベルでかき混ぜて、湿った用土にしておきます。
ポットに種まき後、ジョウロで散水しても土全体に染み込まない可能性があるのでこの方法を使います。

11・5・3 11・5・4 11・5・5




ポットに土を入れたら、3ヶ所に深さ2cmほどの穴をあけます。
タネを入れ覆土し土とタネが密着するように、軽く押さえてなじませます。⇒スナップエンドウの種

11・5・6




ジョウロに活力剤を適量入れて、タネと土に十分染み渡るように、何回かに分けて散水します。⇒活力剤

11・5・7



3〜5日で発芽するはずですが、どうなりますか・・・
発芽するまでは緊張感があり、ドキドキです。


関連記事


関連記事としてこちらもご覧ください。

🔗野菜のタネを上手に発芽させるために知っておくこと
🔗日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜
🔗家の庭を1日で家庭菜園にする
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから
🔗乳酸菌で土づくりについてはこちらから
🔗良い堆肥 悪い堆肥についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。

▷▷やさい畑 2018年 10月号

▷▷野菜だより 2018年 11月号

▷▷現代農業 2018年 11月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

関連記事

Tag:スナップエンドウ 活力剤

0 Comment

Post a comment