FC2ブログ

もみ殻堆肥 植物質堆肥

  •   06, 2017 19:41
  •  0


11・5表紙




空気の層が増え、通気性や水はけなど土の物理性が向上します。
特に粘土質の畑に使うと土壌改良効果大です。




原材料



もみ殻堆肥は、もみ殻に鶏ふんなど窒素の多い有機物を発酵促進剤として加え、長期間発酵・熟成させた堆肥です。
高い土づくり効果を発揮します。


特徴



もみ殻は玄米を守っているかたい殻で、空隙が多くて比重が軽く、土に混ぜると空気の層が増え、通気性や水はけなど土の物理性が向上します。

土壌の生物が元気になり、土の団粒化が進み、保水力や、保肥力が向上します。

あらゆる土質の畑に向く堆肥で、特に粘土質の畑で使うと劇的に土壌改良が進みます

完熟したもみ殻は保水性があるので、砂質の畑の改善にもおすすめです。


選ぶポイント



もみ殻は炭素を多く含むので分解されにくい素材です。1年ほど熟成させた完熟堆肥を選びます

茶色く変色していて、良い香りのするものが完熟しています。

もみ殻を指ですり潰してみて、簡単に崩れれば完熟しています。

▷【奈良県産有機肥料】もみ殻牛糞堆肥 2年物10kgを見てみる


関連記事


関連記事としてこちらもご覧ください。

🔗野菜のタネを上手に発芽させるために知っておくこと
🔗日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜
🔗家の庭を1日で家庭菜園にする
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから
🔗乳酸菌で土づくりについてはこちらから
🔗良い堆肥 悪い堆肥についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。

▷▷やさい畑 2018年 10月号

▷▷野菜だより 2018年 11月号

▷▷現代農業 2018年 11月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
関連記事

Tag:もみ殻堆肥 植物質堆肥

0 Comment

Post a comment