液体肥料の特徴

  •   18, 2017 07:00
  •  0


11・17・1



手軽に使えて、すぐ効果が現れます。
三要素だけのものから、有機配合のものまで種類が豊富です。





成分

肥料の三要素(窒素、リン酸、カリ)を主成分に作られた液体肥料や、それに微量要素(カルシウム、マグネシウムなど)を加えたもの、有機質を主成分にした液体肥料などがあります。



特徴

無機質を主成分にした一般的な液肥は、そのままのかたちで植物に取り込まれますから、即効性があり、すぐに効果が現れます

水で薄めて使うので、水やり代わりに気軽に散布することができます。

濃度が薄いため、根に与えるストレスが少なくてすみます

水耕栽培では、唯一の養分供給方法です。

元肥には使えず、追肥として使用します。



施し方

土壌散布…一般的な土壌にまく方法です。広範囲にまくので他の散布方法に比べ、植物に取り込まれずに流亡してしまう分が多くなります。

土壌灌注(アンプルなど)…専用の注入器で土壌中の根の近くにほぼ直接的に肥料を届けることができます。

葉面散布…液肥を葉にかけて肥料を効かせる方法です。土壌散布とくらべると、植物への肥料成分の取り込みの効率が高いことが知られています。



液体肥料は数多くの種類が各メーカーから販売されています。
自分の栽培している作物に合った液体肥料を探してみてください。
⇒液体肥料はこちらからご覧ください



こちらも関連記事としてあわせてご覧ください
🔗肥料の種類はこちらから
🔗化成肥料の特徴はこちらから
🔗堆肥まとめはこちらから



いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。
⇒やさい畑2017年 12月号
⇒野菜だより2017年 11月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

家庭菜園ランキング

こちらもおしてもらえるとさらに嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村





関連記事

Tag:液体肥料

0 Comment

Post a comment