FC2ブログ

ダイコンの保存

  •   09, 2017 00:29
  •  0


12・8・1



根菜類は適切な処理をすれば、長い期間鮮度を保ったまま保存ができます。
適切な温度や湿度で保存して、春までおいしくいただきましょう。





ダイコンの長期保存


家庭菜園でのダイコン栽培は、11〜2月収獲の秋冬どりと、3〜4月収獲の春どりの2通りが主流ですが、長期保存は秋冬どりのダイコンが向いています。
保存の最適温度は0~1℃です。凍ってしまう一歩手前がちょうどよいです。凍らせると繊維が壊れ、そこから腐敗していきますから注意が必要です。
住んでいる地域の気候、気温に応じて使い分けるようにします。


葉をカットして冷暗所で保存


収穫したダイコンの葉を、根の境目ギリギリで切ってしまい、気温によって1本ずつ1~3枚の新聞紙で包みます。
葉先の方だけは閉じずに開けておきます。
畑で育っていた時と同じように、葉先を上にして立てて保存します。
寝かせると、元通り縦にのびようと余計なエネルギーを消費してしまいます。
保存最適温度0~1℃を維持できれば、3月まで長期保存できる地域もあります。

注意)葉の部分から水分が抜けてしまいますから、必ず葉はカットしてください。


土寄せして畑で保存


霜や冷害を避けるため、12月末までにダイコンの葉の根元より少し上まで土寄せします。
寒さが厳しい地域では、葉が凍って痛むのを避けるため、葉が全部埋まるほど土寄せします。
地温は氷点下にはなりませんし、適度な湿度が保たれますのでみずみずしさが維持できます。
土寄せするだけなので、手間のかからない保存方法です。
1月いっぱいは成長しない状態が続きますが、2月になり『とう立ち』の生殖成長が始まると『ス』が入り味が落ちますので、注意が必要です。
畑にそのまま保存するので、次の作付けの準備ができないのがデメリットです。


地中に埋めて保存


ダイコンをすべて収穫してしまい、葉を根元で切り落としてしまいます。ダイコンは洗いません。
畑のどこかにダイコンを縦に埋められる深さの穴を堀り、ダイコン同士の隙間に土が入るようにして、縦にして埋めます
地表部分に保温用のワラや、雨除け用に黒マルチをします。
毎回掘り起こして埋め戻さなければならないのが手間です。
『とう立ち』の心配がないので、春まで新鮮なダイコンが食べられます。
畑とは別の場所に保存しますので、効率的に畑の作付けができます。


まとめ


ダイコンを使った料理は数多くありますから、保存がうまくいけば、長い期間自分で作ったダイコンで料理を楽しむことができますね。
住んでいる地域の気候に合った保存方法を是非見つけてください。


関連記事


関連記事としてこちらもご覧ください
🔗だいこん 間引き 【栽培日数8日 2017】についてはこちらから
🔗だいこん 間引き【栽培日数20日 2017】についてはこちらから
🔗ダイコン 収穫【栽培日数32、50、69日 2017】についてはこちらから
🔗ニンジンの保存についてはこちらから



いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。
▷▷やさい畑 2017年 12月号
▷▷野菜だより 2018年 01月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓



こちらもおしてもらえるとさらに嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




関連記事

Tag:だいこん

0 Comment

Post a comment