FC2ブログ

ジャガイモの保存

  •   14, 2017 19:49
  •  0


12・14・1



肉じゃが、じゃがバター、カレーライス、おでん、鍋物、などなど,毎日のように食卓を彩るジャガイモ…

全国各地で春植え、地域によっては秋植え栽培も可能で、どれだけ獲れても余って困ることのないジャガイモを、美味しさはそのまま長期保存する方法を調べてみました。




ジャガイモの長期保存


貯蔵最適温度は4~8℃で、5℃以下なら芽が出にくいのでこの温度を保つことがポイントです。

光にあたると、表面が緑色に変色し有毒の『ソラニン』が生成されてしまい、芽も出てしまうので、光にあてないように特に注意します。

収穫後すぐのジャガイモは休眠期間が3カ月あります。この期間は風通しの良い日陰であれば芽がでることなく保存できます。

保存することでデンプンが糖にかわり、甘さが増してきます。
掘りたてのジャガイモの風味 or 熟成した甘いジャガイモ、どちらが好みですか? 自家栽培なら両方楽しめますね。



保存方法① 冷蔵庫の野菜室で短期保存


収穫したジャガイモを土のついたまま、軒下などで新聞紙の上に並べて3.4日乾燥させます。

乾燥させたジャガイモを土つきのまま新聞紙で包みます。

ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

check!リンゴも一緒に入れると、リンゴが出すエチレンガスが発芽を抑制してくれます。


保存方法② 春植えのジャガイモを土に埋めて保存、12月に掘り起こして室内保存に切り替え


畑のどこかに収穫したジャガイモが全部入るほどの穴を掘ります。
夏の外気温の影響を受けないようになるべく深めに穴を掘るのがポイントです。

通気性がよくて冷たい土の中は保存に向いています
穴の底に乾燥した杉の葉をしいておくと、チクチクするのを嫌いネズミやモグラの被害を受けづらくなります。
土を埋め戻し、目印をしておきます。

12月になり、気温が低くなったら室内保存に切り替えます。
保存方法③の段ボール箱で保存すれば、翌年の春まで保存できます。


保存方法③ 段ボール箱で保存


土付きのままで乾燥させたジャガイモを段ボール箱に入れます。
日光が差し込まないように新聞紙を上にかぶせてからフタをします。
貯蔵最適温度の4~8℃を保てるような部屋で保存します。


まとめ


保存がうまくいっていても、春が近づき暖かくなってくると、芽がでてくるジャガイモが多くなってきます
爪の先でこの芽を欠きとれば、あともう少し保存できます。

また、ジャガイモは芽がでるときにデンプンが糖にかわるので味が甘くなります。

長期保存したジャガイモが終わる頃には春植えのジャガイモ栽培の始まり…なんていうのが理想でしょうか。

各地域の気温、栽培状況に合った保存方法を是非見つけてください。


関連記事


🔗ダイコンの保存についてはこちらから
🔗ニンジンの保存についてはこちらから
🔗サツマイモの保存についてはこちらから



いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。
▷▷やさい畑 2017年 12月号
▷▷野菜だより 2018年 01月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ






関連記事

Tag:ジャガイモ

0 Comment

Post a comment