FC2ブログ

エダマメ栽培 家庭菜園やプランター菜園おすすめ品種7選

  •   08, 2018 19:21
  •  0


2018/3/8/1




ビールのおつまみに欠かすことのできない枝豆。
家庭菜園でも気軽に栽培することができます。
早生種であれば、4月頃に種まきし6月後半には収穫できます。

各種苗メーカーから毎年のように新しい品種が発売され、今では400種以上の枝豆専用の品種があるようです。
家庭菜園で育てやすく、おすすめの品種を探してみました。
お口に合う枝豆が見つかるといいですね。





エダマメは3つに大別できる


エダマメは、種皮やサヤのうぶ毛の色の違いから『白毛豆』『茶豆』『黒豆』の3つにわけられます。

白毛豆(青豆)系

最も一般的で癖がない味の品種です。
基本的にエダマメといえばこの白毛豆(青豆)をいいます。
サヤのうぶ毛が白いものが多く、豆の色が薄い緑色をしています。

茶豆系

強い甘味と独特の風味があり白毛豆系に飽きたエダマメ通が好んだり、ちょっと高級な料亭で出されるイメージがあります。
サヤの色などは白毛豆と変わりませんが、豆の表皮が茶色いので区別できます。
2粒のサヤがほとんどで、3粒サヤは見られません。

黒豆系

丹波の黒豆に代表されるように正月用の煮豆等に使用されています。
黒豆特有の深い甘味とコクが特徴です。
サヤの中の表皮がうっすらと黒みを帯びています。


エダマメ栽培の注意点


エダマメは根が浅く張る性質があるため、保水力のある土壌が適しています。
夏に乾燥すると実入りが悪くなります。

根には空中の窒素を固定する根粒菌が付着して共生し窒素を供給するので、窒素肥料は少なくします。

本葉5.6枚で敵芯することで、脇芽が伸び花の数が増え実が多くつくようになります。

カメムシの被害に合わないように、種まき・定植時から大きめのトンネル支柱をし防虫ネットをすることで安心して育てることができます。

2018/3/8/2

エダマメの育て方についてはこちらが参考になります。
▷サカタのタネ園芸通信 失敗しない栽培レッスン
▷タキイのエダマメ栽培マニュアル


枝豆おすすめ品種


それではエダマメのおすすめ品種を紹介していきます。
尚、2018年3月の楽天とヤフーショッピングのランキングを参考に厳選しています。



① 湯あがり娘(白毛豆)

トンネルから露地まで幅広い作型に適する中早生品種。
茶豆のような芳香を持ち、食味の良さに最も影響を及ぼすショ糖含有量が多く食味抜群!
毛茸は白く、ゆであがった莢・子実色は鮮やかな緑色で、市場性が高い。
3粒莢率の高い多収品種で、機械収穫時の作業性にも優れます。
種まき期:3~5月収穫期:6~10月

▷湯あがり娘を見てみる




② 白鳥( 白毛豆)

着莢数多く、豊産の早生種で栽培も容易、家庭菜園に好適の優良種です。
草丈は60cm内外となり、生育旺盛です。
莢は緑色が濃く、3粒莢が多く品質優秀です。
豆は小粒で未熟な間に収穫すれば新鮮で風味は最上です。

▷早生エダマメ白鳥を見てみる




③ 越後ハニー(茶豆)

枝豆の中でも最高の甘味・香りをほこり、生食はもちろん冷凍貯蔵に最適。
サヤは濃緑色、毛茸はウス茶色、草丈60~65cm余りでプロからアマチュアまで栽培容易。
茹で上がりの莢色は鮮緑で美しく、茶豆特有の風味と香りに優れた品種です。
播種後85~90日程度で収穫期になります。

▷越後ハニーを見てみる




④ 莢音さやね(白毛豆)

開花・収穫ともにサッポロミドリ並の極早生
小葉で草勢がおとなしくコンパクトにまとまる。
白毛・極濃緑の大莢でボリュームがある。

▷莢音(さやね)を見てみる




⑤ サッポロミドリ(白毛豆)

茎が太く作りやすい、極早生品種の代名詞。
市場が認めたロングラン品種!
食味は極めて良いと評判です
濃緑色の大莢で秀品率が高いので、莢もぎ出荷にも最適です。

▷サッポロミドリを見てみる




⑥ 早生黒頭巾(黒豆)

コクのある甘みと黒マメ特有の風味があいまって食味がよい。
播種後78日程度で収穫ができる早生種。
白花・白毛で外観が美しい。
草姿は小葉・立性で枝上部の莢つきに優れる。
作りやすく直売所や家庭菜園にも向く。

▷早生黒頭巾を見てみる





⑦ ユキムスメ(白毛豆)

ユキムスメは、雪印種苗の通常の枝豆品種中で一番美味しい枝豆として人気がある中早生種です。 
味にこだわるのならこの品種がおすすめです。 
エダマメの種のトップシェアを持つと思われる雪印種苗のエダマメラインナップの中でも特にふっくらとした食味が美味しいと言われています。
莢は大莢で白毛、色は鮮緑色、豆は中大粒です。 
家庭菜園や直売店などでの販売に向く美味しい品種です。

▷ユキムスメを見てみる


まとめ


枝豆の実が大きくなるのは、開花期の十分な光合成、水分、栄養分、それと適温です。
小さくて白くかわいらしい花ですが、見とれていないで注意して育てましょう。

マメ科といえば根粒菌です。根粒菌は大気中の窒素を固定して根に供給するのですが、土中に窒素分が十分ある時は、余分に窒素を固定し供給することはありません。
人間は、いらないのに供給し続けますが、土壌バランスを保つためにいっさい余分のことはしません。
これが、微生物のすごいところです。

この土壌バランスを保ってくれる微生物が多く住む土づくりを心掛ければ土の団粒構造化が進み、病害虫も発生しにくくなる理想的な土壌になっていきます。


関連記事


関連記事としてこちらもご覧ください。
🔗根粒菌のはたらきについてはこちらから
🔗病気に強いピーマン苗おすすめ6選についてはこちらから
🔗病気に強いナスの苗おすすめ6選についてはこちらから
🔗病気に強いトマトの苗おすすめ7選についてはこちらから
🔗カボチャ栽培 おすすめ苗4選についてはこちらから
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。
▷▷やさい畑 2018年 04月号
▷▷野菜だより 2018年 03月号
▷▷現代農業 2018年 03月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

関連記事

0 Comment

Post a comment