FC2ブログ

写真でわかりやすいニンジン栽培記録 【種まき・間引き・土寄せ・収穫】 2018版

  •   09, 2018 21:45
  •  0


9/24/ニンジンまき終え



2018年秋のニンジンの栽培記録です。
畝立てから収穫までを記録します。
家庭菜園やプランター菜園でのニンジン栽培の参考になれば幸いです。

今回使用するニンジン品種はこちら
▷にんじん 種 【甘美人】 ペレット300粒
▷時なし五寸 紅彩 種子 を見てみる





ニンジン栽培 基本情報



《発芽適温》 15~25℃ 発芽日数15~20℃で8~10日 10℃で14日 好光性種子

《生育適温》 15~25℃

《間引き》 1回目本葉2~3枚頃 2回目本葉5~6枚で1本立ちとする

《追肥》 本葉5~6枚1本立ちの時、1回追肥。根元に土寄せ1回のみ

《収穫時期》 栽培日数110~120日を目安にする


2018年9月9日 栽培日数0日 畝立て 種まき



ニンジンは移植ができませんから、ポット育苗せずに直播き栽培となります。
また、ニンジンは発芽さえすれば成功したようなものといわれるほど発芽率が低いので、種まき後の管理を怠らないようにします。



畝高10㎝、畝幅60㎝の畝を作り、2条植えにします。
タネは、1~1.5㎝間隔で浅く植えます。
タネと土が密着するように軽く上から押さえます。

2018/9/9/1

2018/9/9/2



じょうろを使ってタネが流れ出ないように、やさしく水をかけます。
タネを乾燥させると発芽しなくなります。また発芽した芽はダンゴムシなどに食べらる可能性があります。
この乾燥防止と害虫防除を兼ねて不織布をべた掛けしておきます。
発芽は5日以上かかりますから、乾燥させないように毎日注意して観察します。

2018/9/9/3


2018年9月24日 栽培日数0日 種まき直し



ニンジン栽培の洗礼をうけました。
10~14日で発芽の予定でしたが、15日たっても1つも発芽を見ません。乾燥させてしまったわけでもないのに。
ニンジンの種は寿命が1~2年しかなく、おそらく種が古かったのが主原因で、気温が不安定だったのも起因しているのではないかと思われます。
ニンジンの種まき適期は9月までが大半なので、ここできっぱりあきらめて新しい種をまき直します。
▷時なし五寸 紅彩 種子 を見てみる

9/24/にんじん雑草のみ



畝の表面をミニ熊手で耕し、まき穴を作ります。
条まきはやめて、株間10㎝間隔で4~7粒まくことにします。
ニンジンは競い合って育ちますからちょっと多めにまきます。

9/24/にんじん株間10センチ

9/24/4〜7粒



水持ちの良い種まき用土を覆土し、たっぷり水を与えます。
噴霧器を使うとタネが流されません。
▷殺虫剤噴霧用小型噴霧器 1L用を見てみる

9/24/ニンジンまき終え



土の乾燥防止と防虫を兼ねて不織布をべた掛けしておきます。
どうか発芽しますように…

9/24/ニンジン不織布


2018年9月30日 栽培日数6日 発芽



やっとニンジンの赤ちゃんに巡り合えました、うれしい発芽です。
発芽日数6日でしたが、これぐらいが平均だと思います。

2018/9/30/2



べた掛けしていた不織布を使ってトンネルを作ります。
台風24号が接近しています。吹き飛ばされませんように。

2018/9/30/1


2018年10月1日 栽培日数7日 台風24号



せっかく発芽がそろったのに台風の雨と風にもろにやられました。
トンネルははがされ、芽の多くが埋もれてしまいました。
2018年のニンジン栽培なかなか順調にいきません。
どの程度回復できるのかしばらく様子を見てみます。

2018/10/1/2

2018/10/1/4


2018年10月6日 栽培日数12日 バッタ



台風の被害で半分ほどやられてしまい、それでももう半分はなんとか復活してきたのに、不織布をトンネルしておかなかったために食われました!バッタに!
5~6株はなんとか生存していますのでそのままで、空いた箇所にまき直します。
はてさて私はニンジンを収穫することができるのでしょうか?不安がつのります。

2018/10/6/6


2018年10月13日 栽培日数7日 再々発芽


10月6日にタネまき直しましたので、リセットして栽培日数7日、発芽がそろいました。
しばらく天気も安定しているようなので安心して見守れそうです。
台風とバッタを耐え抜いた株は本葉が出て線香花火のようで綺麗です。
若苗は小っちゃくて可愛くて、それでいて生気にあふれていていとおしくなります

2018-10-13-3 ニンジン発芽

2018-10-13-4 ニンジン


2018年11月3日 栽培日数28日 間引き 中耕 土寄せ 追肥


春夏と違って秋冬栽培はゆっくりペースです、20日で本葉2枚ほどになり大分込み合ってきましたので、2~3株に間引きをしました。

2018/11/3/2 ニンジン



株間に穴を掘り少量のボカシ肥を入れて土とよく混ぜます。肥料は効き過ぎても効かな過ぎてもダメなので、少量ずつ施すことにします。

2018/11/3/3 ニンジン



硬くなった周りの土を中耕し、空気と水が土中に浸み込みやすいようにします。
また、株元に土寄せして株を安定させておきます。
冬になると北風が通る場所なので不織布でトンネルして防虫防風対策をしておきます。
不織布は防虫ネットや寒冷紗に比べて風を通しにくく、何よりコスパが高いのでお気に入りの資材です。

2018/11/3/5 ニンジン

2018/11/3/6 ニンジン


2018年11月24日 栽培日数49日 間引き 土寄せ 1本立ち


本葉が5枚を超えました。株元もしっかりしてきましたので、2~3株から1本立ちにしました。
株元に軽く土寄せしてニンジンの肩が表面に出ないようにしておきます。
前回追肥をしたので、あとは収穫までほとんど手を付ける必要はないです。

間引いた株は5㎝程のミニキャロットになっていたので、生のままマヨネーズをつけていただきました。

2018-11-24-2 ニンジン

2018-11-24-1 ニンジン

2018-11-24-3 ニンジン


2018年12月2日 栽培日数57日 


本葉が7~8枚ほどになりました。順調に大きくなっています。
ここから本格的に根部が肥大していくと思います。

2018-12-2-8 ニンジン



つづく・・・

※『お気に入り』に登録して収穫までを今後も継続してご覧ください。


人気記事


これであなたも菜園家‼
是非読んでいただきたい人気の記事です。

🔗日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜
🔗種まきは4つの条件を揃えれば芽が出る!発芽を成功させる方法とコツ
🔗家の庭を1日で家庭菜園にする
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから
🔗乳酸菌で土づくりについてはこちらから
🔗良い堆肥 悪い堆肥についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。

▷▷やさい畑 2018年 10月号

▷▷野菜だより 2018年 11月号

▷▷現代農業 2018年 11月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




▽おすすめ農業資材▽




















関連記事

0 Comment

Post a comment