FC2ブログ

写真でわかりやすい!タマネギ栽培記録 【種まき・育苗・間引き・定植・追肥・収穫】 2019版

  •   07, 2018 23:23
  •  0


2018/10/8/14



2018年秋~2019年春のタマネギの栽培記録です。
種まき育苗から収穫までを記録します。
家庭菜園やプランター菜園でのタマネギ栽培の参考になれば幸いです。

今回使用するタマネギ品種はこちら↓

▷タマネギ 種 『猩々赤』を詳しく見てみる




タマネギ栽培 基本情報(中晩生)


《発芽適温》 15~20℃ 20℃で発芽日数7日

《生育適温》 15℃前後

《育苗期間》 株間1㎝ 本葉3~4枚 育苗日数55日

《収穫時期》 5月中旬~6月



10月7日 栽培日数0日 種まき


タマネギは、育苗床やプランターなどで苗を作って(約50~60日)から、畑に定植して栽培するスタイルです。
収穫は来年の春以降ですから、長い道のりです。

育苗箱に土を入れ、まき溝を7㎝間隔で3本作ります。

2018/10/8/12



種まき用土を半分の高さほど入れてからタネを条まきします。
種まき用土は清潔なので何かと安心です。
この時点でタネに水がかかるように噴霧器を使って潅水しておきます。

2018/10/8/13

2018/10/8/15



タネが隠れる程度に種まき用土をかけて、種と土が密着するように軽く上から押さえます
もう一度噴霧器を使ってたっぷりと潅水します。
4~5日で発芽する予定です。

2018/10/8/14


10月13日 栽培日数6日 発芽


発芽しました。難しいといわれるタマネギの発芽を見れたことは嬉しいです。
発芽の間、気候が安定していたのが良かったですね。
まだまだ長丁場ですから、過湿と乾燥に注意しながら栽培していきます。

2018-10-13-1 タマネギ発芽



10月22日 栽培日数15日 間引き


草丈5~6cmになり1回目の間引きをしました。
混みあっている場所や同じところから発芽してしまっているものを間引きました。

2018/10/22/1 タマネギ


11月11日 栽培日数35日 間引き


草丈が10㎝を超え株元もガッチリしてきました。
最終的に株間1.5㎝程になるように間引きしていきます。
もみ殻米ぬかボカシ肥を土表面にパラパラと追肥しました。

2018/11/11/2 タマネギ



12月2日 栽培日数55日 


栽培日数は55日とそろそろ定植の時期ですが、葉数3~4枚、株元の茎の直径5~6㎜にまだ達していません。
もうしばらく育苗させることとします。

2018-13-2-1 たまねぎ



12月24日 栽培日数78日 定植


育苗日数がだいぶ長くなりましたが、葉数が3~4枚になりましたので、少し太さが頼りないですが定植しました。
180㎝×60㎝×高さ10㎝の畝に株間15㎝で3条に植え付けます。

2018-12-24-1 タマネギ
201812-24-2 タマネギ




育苗箱から苗を掘り出します。この時シャベルなどで根を傷つけないように気をつけます。
思ったよりしっかりした根だったので安心しました。
レッドオニオンなので既にその色が出てきています。

2018-12-24-3 タマネギ
2018-12-24-4 タマネギ




根を切ることによって側根が多く生えるということなので、根の長さを5㎝に切りそろえます。
根切り定植します。

12-24-2018-5 タマネギ2018-12-24-6 タマネギ




苗は深植えせずに白い部分が土表面に出るように浅植えします。
株間15㎝、3条植えができました。
180㎝×60㎝×高さ10㎝の畝に3条×12で36株です。

2018-12-24-7 タマネギ
2018-12-24-8 タマネギ
2018-12-24-8 タマネギ




苗が余りましたので、コンパニオンプランツとは言いませんが、他の作物と混植します。
それぞれの組み合わせで結果がどうなるか、実験のようで面白いです。
タマネギには連作障害がほとんどないですから次作に影響がないので安心です。

スナップエンドウと混植 8株
2018-12-24-9 タマネギ



ミニハクサイと混植 8株
2018-12-24-10 タマネギ



ビワの木と混植 2株
2018-12-24-10 タマネギ



イチゴと混植 3株
2018-12-24-11 タマネギ

全部で57株植えました。
春まで長い道のりですが、ゆっくりと観察していきます。



12月29日 栽培日数83日 


年末、天気も良いし家の大掃除で一日いるので、全ての畑のトンネルを外し思い切り日光を浴びてもらいました。
不織布の遮光率は10%もないですが、それでも遮っていることには変わりはないので、全解放です。

2018-12-29 全体



定植から5日経過しましたが、1株も枯れていません。
葉が直立したり、新しい葉が出てくるようになると根付いたことになります

2018-12-29 タマネギ



2019年1月12日 栽培日数97日 


一見枯れたように見えますが、新しい葉がニョキニョキと生えてきているので大丈夫です。
葉が一本枯れて新葉が出るのが、うちのパターンのようです。

2019-1-12-1 タマネギ
2019-1-12-3 タマネギ


土表面が固まっているのでミニ熊手でかいておきます。
こうすることで、土中にまで空気が通いやすくなり、根や微生物の呼吸を助けることができます。
昨年は黒マルチをして栽培しましたが、マルチは空気を遮りますから、今回は空気循環のことを考えてマルチ無しで試しています。

2019-1-12-2 タマネギ


2019年3月3日 栽培日数147日 追肥


日に日に気温が上がって本格的な成長が始まったようです。
長い冬の間に根にため込んだ栄養を使って一気に球を大きくしていきます。
このタイミングで米ぬか・もみ殻堆肥の追肥をしました。以降の追肥は貯蔵性を悪くするので行いません。

2019-3-3-3 タマネギ


2019年3月29日 栽培日数173日 


葉が大きく長くなってきました。
これから春本番になり気温も上昇してきます。
球が大きくなってきている気配は見られませんが、これからが勝負でしょう。

2019-3-29-3 タマネギ



つづく・・・

※『お気に入り』に登録して収穫までを今後も継続してご覧ください。


人気記事


これであなたも菜園家‼
是非読んでいただきたい人気の記事です。

🔗日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜
🔗種まきは4つの条件を揃えれば芽が出る!発芽を成功させる方法とコツ
🔗家の庭を1日で家庭菜園にする
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから
🔗乳酸菌で土づくりについてはこちらから
🔗良い堆肥 悪い堆肥についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。

▷▷やさい畑 2018年 10月号

▷▷野菜だより 2018年 11月号

▷▷現代農業 2018年 11月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




▽おすすめ農業資材▽

























関連記事

0 Comment

Post a comment