FC2ブログ

写真でわかりやすい!スナップエンドウ栽培記録 【種まき・支柱立て・摘芯・収穫】 2019版

  •   10, 2018 15:55
  •  0


2018/4/19/1



2018年秋から2019春までのスナップエンドウの栽培記録です。
呼び名はスナップエンドウでもスナックエンドウでもどちらも正解です。
低温にあたることで花芽の分化が進むことから、秋まき春採り栽培が一般的ですが、株が大きくなると耐寒性が失われてきますので早まきを避けます。
ポリポットで育苗し、露地に定植、収穫する流れとなります。

スナップエンドウ栽培の参考になれば幸いです。





2018年11月10日 栽培日数0日 種まき


スナップエンドウの発芽適温(地温)は20℃前後となっています。ここ静岡では11月中に種まき適期となります。
草丈15㎝程度が寒さに強いといわれていて、早くまき過ぎても草丈が伸びすぎて寒さで株を弱らせてしまいますし、遅すぎると発芽適温を下回ってしまい発芽さえ危ぶまれます。この辺りは経験と気候の予測がカギとなります。

10.5㎝ポリポットにあらかじめ湿らせておいた種まき専用用土を入れます。

2018/11/10/1 スナップエンドウ



1ポットに3か所2㎝ほどの穴を開けタネを入れます。
ここでタネにかかるように噴霧器で潅水しておきます。

2018/11/10/2 スナップエンドウ



土をかぶせ土とタネが密着するように上から押さえます。
スナップエンドウのタネは大きいので、根が出た勢いでタネごと地表に出ないようにある程度しっかり押さえます。

最後に土全体にたっぷりと水をあげて種まき終了です。
芽が出るまでは、地温がなるべく20℃になる場所で管理し、乾燥に注意します。
順調にいけば4~5日で発芽します。

噴霧器の水には、信頼度抜群の『メネデール』を混ぜています。
▷▷活力剤 メネデール 100mlを見てみる

2018/11/10/3 スナップエンドウ


2018年11月17日 栽培日数7日 発芽


予定より2日ほど遅れてやっと発芽しました。
屋外でも室内においても地温15℃を上回らないのでストーブの前で加温。なんとか1つ2つ芽が出てきました。

昨年のタネが残っていたので使いましたが、寿命が来ているのではないかと、やっぱり発芽するまでは不安です。
期限内のタネを使うのが気持ち的にも楽で良いのかも。

さてさて全ポット発芽がそろいますか…ゆっくり見守ります。

2018/11/17/1 スナップエンドウ


2018年11月27日 栽培日数17日 発芽そろう


結局、11月10日種まきの分は5つしか発芽せず、20日に追加でタネを購入し種まきしました。
都合12株ほど発芽したことになり予定数に達しました。
エンドウの種は2~3年の寿命です。保存状態が良くなければ前年購入のタネでも発芽率が悪くなることがこれでわかりました。

▷▷種の保存方法についてはこちらが参考になります。
🔗翌シーズンも芽が出る出る!残ったタネの劣化を防ぐ保存方法

2018-11-27 スナップエンドウ


2018年12月2日 栽培日数22日 


だいぶ大きくなってきました。が新しく購入したタネの方が茎も太く元気が良いようです。
このまま全部の株が冬を乗り越えられれば良いのですが…
本葉が3~4枚になったら定植します。

今年は暖冬のようで、なかなか寒くなりませんが植物にどのような影響があるでしょうか。
見守っていきたいと思います。ちなみに現在野菜の高騰はありません

2018-12-2-6 スナップエンドウ


2018年12月10日 栽培日数30日 定植


本葉4~5枚、草丈10㎝程になりましたので定植します。
株間25㎝で2株ずつ植えます。11株ありますので2株×5か所、1株×1か所にします。
生育の良くないものはポット育苗のまま様子を見ることにして、何かトラブルがあった場合に使用します。

2018-12-9-11 スナップエンドウ

2018-12-9-12 スナップエンドウ



きれいに植え付けることができました。最後にたっぷりと水をあげておきます。

もう2.3㎝伸びると風で倒れてしまうようになりますから、次回は仮支柱を立てて誘引します。
併せて風対策としてトンネルをしようと思っています。

2018-12-9-13 スナップエンドウ



つづく・・・

※『お気に入り』に登録して収穫までを今後も継続してご覧ください。


人気記事


これであなたも菜園家‼
是非読んでいただきたい人気の記事です。

🔗日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜
🔗種まきは4つの条件を揃えれば芽が出る!発芽を成功させる方法とコツ
🔗家の庭を1日で家庭菜園にする
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗有機質肥料が根に吸収されるまでの微生物の働きについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから
🔗乳酸菌で土づくりについてはこちらから
🔗良い堆肥 悪い堆肥についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。

▷▷やさい畑 2018年 10月号

▷▷野菜だより 2018年 11月号

▷▷現代農業 2018年 11月号



最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




▽おすすめ農業資材▽























関連記事

0 Comment

Post a comment