FC2ブログ

ゆっくり家庭菜園

TOP >  野菜栽培のきほん >  土作り >  腐葉土づくり 省スペースで少量の腐葉土をかんたんに作ってみる

スポンサーリンク

腐葉土づくり 省スペースで少量の腐葉土をかんたんに作ってみる

2021-1-23-8 腐葉土




森や林の植物は枯れた葉や枝が地面に落ち、長い時間をかけ微生物によって栄養素に分解され、土中の根に吸収されて成長しています。

毎年この繰り返しで緑は保たれています。誰かが肥料をまいているわけではありません。ゆえに腐葉土は、植物のベースとなる安全な栄養素(堆肥)といえると思います。

長い時間をかければ自然に腐葉土は出来るのですが、少し手を加えればあまり時間をかけずに作ることができます。

農家などでは大規模に腐葉土づくりを行いますが、家庭菜園ベースで趣味の範囲で小規模に作ってみようと思います。

コツは微生物が活発に活動できる環境を作ってあげること!さてさて今は真冬、夏野菜栽培の土壌づくりに間に合うでしょうか…


2021年1月17日 日数0日 仕込み


・簡単に言いますが、有機物(葉、油かす、米ぬか、残飯など)は微生物が分解(発酵)して形の違う物体にならないと、植物は根から吸収してくれません。だから有機肥料、堆肥、腐葉土、ボカシづくりは微生物の労働環境が全てなのです。
🔗野菜、土、微生物、人間にやさしい肥料 ボカシ肥料のすすめ

・微生物(乳酸菌や酵母菌などの善玉菌)は、適正温度、適正水分、酸素の3つがそろうと元気に動き出し、有機物(エサ)を分解してくれます。ただ分解し易い有機物もあれば、なかなか分解しにくい有機物(木など)もあるのでそれぞれ分解(発酵)時間がずれてきます。

🔗家庭菜園『米ぬかもみ殻』ボカシづくりで安全な有機栽培などは温度と水分量を管理し、微生物の活動マックスで分解し易い有機物(米ぬか)を発酵させているので短時間で仕上がりますが、今回は屋外なので温度は自然任せ、水分も厳密には管理しないので微生物の働きもゆっくりになり完成までの時間も数カ月になると思われます。



・準備するもの・・・枯葉、大きめのカゴ、水、米ぬか、三温糖、フタをするための板、スコップ
米ぬかは分解しやすい有機物として利用します。また乳酸菌が多く住んでいます。三温糖はエサとなる糖分として利用します。
枯葉は分解しにくい有機物です。乳酸菌が住み分解しやすい米ぬか、エサとなる糖分、を加えることで微生物が一気に増殖し枯葉の分解を早めてくれるはずです。

・まずカゴを固定するため、また、ある程度温度を保つために20㎝程穴を掘ってカゴを埋めてしまいます。

2021-1-23-1 腐葉土



・数回に分けて枯葉に米ぬか少々、三温糖少々を混ぜ合わせて水をまいていきます。

2021-1-23-3 腐葉土

2021-1-23-4 腐葉土

2021-1-23-2 腐葉土



・ミルフィール状にするので足で踏み固めます。枯葉は大袋4つ分あったので4回に分けてミルフィールしました。

2021-1-23-7 腐葉土




・数日おきに水分調整と酸素供給のため全体を撹拌混ぜ合わせますので、7分目程の余裕のある状態にしておいた方が方が混ぜやすいです。

・雨水などが入り水分量が多くなると、無酸素状態になり悪玉菌の分解(発酵)になりますので、フタをしておきます。悪玉菌の分解になると悪臭がしますので判別できます。

2021-1-23-8 腐葉土

2021-1-23-9 腐葉土



・木の枝や竹の葉などはリグニンが含まれ微生物が分解しにくいので、なるべく取り除いておきます。

・善玉菌が繁殖する願いを込めて、乳酸菌培養液、ミカンの皮酵母液を水に混ぜてまきました。

・数日後、表面が乾いたら水を加え、底から全体を混ぜ合わせ空気の供給も行います。これを繰り返していきます。

2021-1-23-5 腐葉土

2021-1-23-6 腐葉土


2021年1月27日 日数10日 


・表面が乾いてきたので水を加えながらよく混ぜ合わせました。しっかり空気も供給できました。

・まだまだ10日なので大した変化はないですが、若干茶色から黒へ変わっているような気がします。香りも特に問題ありません。

・微生物がMax元気になるのは30℃以上、まだまだ寒い時期、分解速度はゆっくりです。

2021-1-27-1 腐葉土





つづく・・・

※『お気に入り』に登録して今後も継続してご覧ください。


おすすめのアイテムを紹介します。
私は天気の良い早朝に葉面散布して光合成を促進させています。
実も葉もひと回り大きくなるような気がしています。是非お試しください。
🔗玄米アミノ酸酵素液について

玄米アミノ酸酵素液


温暖化と家庭菜園


野菜は、日光が大好きです。特に夏野菜は日光と温度を要求しますが、昨今の猛暑、酷暑の中では気温の上がり過ぎにより、元気がなくなり成長が弱まったり、病害虫が多発したりします。日光は好きでも異常な暑さは好きではないようです。

地球温暖化が原因とされるこの暑さですが、下記写真資料にある通り1960年代から暑さが顕著になりはじめています。植物の進化はもっともっと長いスパンですから、温暖化のスピードに植物の進化が追い付いていないというのが現状のようです。

将来、人間にとっても植物にとっても過ごしやすい夏に戻ってくれるのが一番良いのですけど、どうなることやら。現状ではこの暑さにも負けない品種の改良を待つしかないのでしょう。

日本の夏は徐々に暑く、長くなっている (東洋経済ONLINEより)
2019-11-23 資料


人気記事


これであなたも菜園家‼
是非読んでいただきたい人気の記事です。

🔗日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜
🔗種まきや植え付けにメネデール 家庭菜園で効果のある使い方
🔗翌シーズンも芽が出る出る!残ったタネの劣化を防ぐ保存方法
🔗種まきは4つの条件を揃えれば芽が出る!発芽を成功させる方法とコツ
🔗家の庭を野菜畑に!まる1日で野菜の作れる家庭菜園にする
🔗酸性土壌が危険な本当の理由と仕組みについてはこちらから
🔗オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの本当の意味についてはこちらから
🔗野菜、土、微生物、人間にやさしい肥料 ボカシ肥料のすすめについてはこちらから
🔗プランター栽培 おすすめ培養土5選についてはこちらから
🔗乳酸菌で土づくりについてはこちらから
🔗良い堆肥 悪い堆肥についてはこちらから


参考文献


いつも参考にしている家庭菜園の教科書です。
よかったら読んでみてください。









最後まで読んでいただきありがとうございます。ポチッとおしてもらえると嬉しいです
↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ




スポンサーサイト



スポンサーリンク

Last Modified : 2021-01-27

Comment







管理者にだけ表示を許可