病気に強く栽培しやすいスイカの苗7選

夏といえばスイカ。ピンポン玉くらいから、だんだん大きくなっていく姿を見守れるのは、家庭菜園ならではの楽しみです。あの人が美味しそうに食べてくれる姿を想像して…今年はスイカ栽培に挑戦してみませんか?初心者には難しいとされるスイカ栽培ですが、誰でも最初は初心者!母体となる土壌に多くの微生物がバランスよく含まれていれば大丈夫。種からの育苗からでも、苗からでも、様々な品種が出ています。甘くて美味しいお気に...
  •  17, 2018 11:31
  •  0

病気に強いピーマン苗おすすめ6選

夏野菜の代表といえばピーマン。少し苦みがあって苦手な人もいます。それでも、上手く育てられれば1株で50個以上採れますし、レパートリーの多い食材ですから、とっても重宝する野菜です。赤や黄色に色付くパプリカは彩りに最適ですね。ゴールデンウィークに定植できるのも魅力です。病気に強いと言われる接ぎ木苗を中心に、おすすめ品種を探してみました。苗から育てるか種から育てるかピーマンの育苗期間は70日です。5月初めに定...
  •  14, 2018 15:36
  •  0

病気に強いナスの苗おすすめ6選

夏野菜の代表といえばナス。栽培がちょっと難しいといわれていますが、意外とほったらかしでもよく育ってくれますし、ゴールデンウィークに定植できますから安心して準備できます。また、京都を代表する『加茂茄子』など興味深い品種もいろいろあります。今シーズンはいつもホームセンターで買う品種以外にも挑戦してみてはいかがですか?探してみました。苗から育てるか種から育てるかナスの育苗期間は70~80日と長期間です。5月...
  •  11, 2018 00:01
  •  0

病気に強いトマトの苗おすすめ7選

立春を過ぎ、いよいよ春夏野菜の種まき、育苗の時期が近づいてきました。菜園シーズンの到来ですね。2018年の家庭菜園はどんなドラマが待っているのでしょうか…ワクワクします。さて、トマトは初心者からベテランまで、必ずと言っていいほど栽培したことのある野菜です。定植時期がゴールデンウィークになるのも安心して準備できて魅力です。定番品種では物足りなくなってしまった方に、おすすめの品種を探してきました。今シーズ...
  •  08, 2018 20:13
  •  0

オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの真意

有機栽培、オーガニックなどとよく耳にします。オーガニック野菜は形は悪いが、安全、美味しい、身体に良いと言われますが、本当なのでしょうか。普通の野菜より割高のお金を出してまで買う意味は、はたしてあるのでしょうか。調べてみました。有機栽培・オーガニックとは有機 = オーガニック = 炭素化合物(炭素Cが含まれているもの) = 焦げたり腐ったりするものと大まかに理解するとわかりやすいです。有機物 = 家畜糞、油かす...
  •  05, 2018 21:26
  •  0

日陰だって大丈夫‼︎家庭菜園やベランダ菜園の日陰でも育てられる野菜

私の畑には、木の陰になって木漏れ日しか当たらない場所と、建物の陰になって午前中は日光が当たらない場所と、2カ所が『日当たりの悪い場所』としてあります。この2カ所ではトマトやキュウリを栽培しても、おそらく満足には育てられないでしょう。さて、このような日陰になってしまう畑やベランダ菜園で、野菜は育てられるのでしょうか…日光が大好きな野菜ばかりではない植物は、光を利用し水と二酸化炭素から有機物と酸素を作り...
  •  31, 2018 21:44
  •  0

ビニールトンネルでいちごのプランター栽培

昨年栽培した3種類のイチゴのランナーから3株ずつ増やし、プランターに定植してゆっくり育ててきたイチゴですが、なんとか寒い冬を無事に超えつつあります。前シーズンは残念ながら収穫期間2週間、収穫量約20粒しか採れませんでした。そこで今シーズンは、早めに開花、結実させるためにビニールトンネルをすることにしました。ビニールトンネルするには大事な条件があるイチゴは2つの条件をクリアーしないと、春に花が咲いて実を...
  •  28, 2018 11:53
  •  0

野菜高騰の現状と見通し、そして1週間で作れるシャキシャキ野菜

昨年の12月からスーパーなどで野菜の高値が続いています。白菜、キャベツ、大根などなど。私はこの冬、大根を栽培したので大根は買わずに済んでいて、しめしめといった感じです。家庭菜園をやっていてよかったなと思う瞬間です。巷では、ステーキ店のサラダバーが大盛況だとか…この高騰はいつまで続くのか、また野菜の価格が高い時にとるべき対策について調べてみました。11月中旬から2か月間も高値続き今回の野菜の高騰は、特に...
  •  26, 2018 12:54
  •  0

酸性土壌が危険な本当の理由と仕組み

『作物はpH5.5~6.5で育てます。土が酸性にならないように2週間前に石灰を入れておきましょう』と作物の作り方によく出てきます。酸性といわれると悪いイメージが先行し、よく理由も考えずに石灰を施していましたが、酸性の土は何がそんなに良くないのか調べてみました。なぜ土は酸性化するのか世界の国々は、気候風土により酸性土壌とアルカリ性土壌に分かれます。日本の土は、ほとんどの土地が酸性寄りです。一方、地中海沿岸や...
  •  23, 2018 23:49
  •  0